任意売却や不動産なら専門家からレクチャー【高額ジャッジに注目】

real estate

任意売却について

そもそも任意売却とは

beautiful house

任意売却を一言で表すと「担保となってる物件を競売の前に売る」の一言で表すことが出来ます。 そもそも不動産に限らずカードの月賦購入なども同じですが、担保設定されている物や支払いが終了していない物件は所有者が勝手に売る事は出来ず、支払いが終了する前に販売するのは違法行為です。 しかし、リストラや倒産などによる急激な経済状況の変化などにより支払いが不可能になることは昨今は珍しくもありません。 そう言った場合差し押さえから競売というのが一般的ですが、競売というのは市場価格より安価に取引されることが多いのです。 そこで差し押さえの前に、融資者などの合意を取って市場で販売する事で、競売より高く売ろうとするのが任意売却なのです。

売却の際の工夫

任意売却で一番大事なことは、決定をなるべく早める事です。 というのも任意売却というのはその性質上、競売より前に買い手を見つけて売買を確定させなければならないという条件が有るためです。 昨今の不動産の状況というのはお世辞にも良いとは言えず、買い手が見つからなければ任意売却の同意を得ていたとしても競売になってしまう事があるからです。 なので、任意売却を考える際はなるべく早めに意志決定をして専門の業者などに依頼するなど、早めの行動が成功の鍵となります。 また、この売却先というのは何も見ず知らずの人でなければいけない、という訳でもないので、知り合いなどに購入を持ち掛けるなどして、なるべく高く買ってくれる買い手を探すことも大事です。