任意売却や不動産なら専門家からレクチャー【高額ジャッジに注目】

real estate

計画が大切

任意売却の動向について

beautiful house

任意売却の件数というのは、景気の状況などに左右される面が大きいのですが、最近は40代以上の任意売却が増えてきているとされています。 事情として、若いころに十年以上の契約で住宅ローンを契約して返済してきたが、昨今の急激な経済変動により支払いが苦しくなったり滞納をし始めるようになったというのが上げられます。 年々下がる給与水準のおかげでローンの滞納が増え、競売の件数も全国的に増えてきている傾向にあるため、同時に任意売却の件数も増えてきているのです。 昨今では多少は景気が上向き始めたとされていますが、全体的な給与の動向などはまだ大手企業と中小企業でばらつきがあるとされており、まだ当分は任意売却は一定数ふえるだろうと予測されています。

売却の際に注意する事

任意売却の際に注意する事として、一般的な競売より高めに売却できる可能性はあるとはいえ、様々な部分でデメリットも存在するという事です。 まずローンの残高や担保として契約されている任意売却の場合、銀行や融資者との同意がなければ任意売却というのは行う事ができないため、交渉が必要となります。 また売却の承諾が得られたとしても、現在の不動産事情もお世辞にも良いとは言えないので購入者が現れるかという問題があります。 そして、これらは滞納し競売が決定するまでという時間制限があるという事も忘れてはいけません。 任意売却にはメリットもありますがこのようにデメリットなども複数存在するので、行う際はしっかりと計画し、決定は早めに行う事をお勧めします。